建設業の法人化

建設業を営んでいる方から、会社設立の相談がありました。

いわゆる個人事業主の法人成りというやつですね。

建築業の会社設立では気をつけなければならないことがあります。

建設業許可を取ることができるかどうかを考えておく必要があるからです。

まず、会社の目的の中に

建設業許可の28種類の業種の中で取りたいものを入れる、

または、土木工事業とか建築工事業などを入れておく。

目的にこれらの事項がないと許可申請をするときに

目的変更の登記をしなければならない羽目になります。

また、許可申請の際には自己資本が500万円以上必要ですので、

通常は預金残高が500万円以上あることを証明する必要があります。

しかし、設立後、最初の決算までに許可申請をする場合には、

資本金を500万円以上にしておけば残高証明等が必要なくなります。

そこですぐに許可申請をする予定がない場合以外は、

資本金は500円以上にしておいた方が良いと思います。

不安な場合は許可申請を専門にしている行政書士さんに

相談しながら手続を進めていくとよいでしょう。

私も許可申請は専門ではありませんので、不安・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1936