特別代理人

今日は先日申し立てた成年後見人選定の審判がおりたので、

次の段階の相続手続準備。

今回は本人と成年後見人双方が相続人なので、

特別代理人を選んでもらう必要があります。

本人と成年後見人の間に利益相反関係がある・・

つまり、本人の利益と成年後見人の利益がぶつかり合い、

本人の不利益になるような代理行為をする可能性があるので、

本人の利益を代理する特別代理人が必要となるわけです。

特別代理人を選んだからといって本人の利益になるような

行動をとるかどうか疑問があるかもしれません。

しかし、家庭裁判所に特別代理人の選任を申し立てる時、

遺産分割協議書案もつけて、本人の不利益にならないかどうか、

裁判所が判断することになっています。

特別代理人の制度からすると少し外れているような気がしますが、

家庭裁判所が本人の利益のために後見的な立場を取っている

というのが実務上の扱いです。

そのため、本人の法定相続分を確保するような

遺産分割協議書案を作成しないとなりません。

さて、もうひと頑張りしなくちゃ・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1925