数次相続

相続登記をする場合、中間の相続人が一人のときは

1つの申請ですることができます。

例えば、おじいさんが亡くなり、次に子が亡くなった場合、

相続人が子一人だけのときは、

1つの申請で孫に相続させることができるわけです。

これを数次相続と呼んでいます。

ところが、おじいさんが亡くなったときに、

おばあさんが生きていると相続人は二人になりますので、

原則は、おじいさんの財産の登記と、

子の財産の登記をしないとなりません。

最終的に孫が相続したい場合は二度手間ですね。

そこで、遺産分割協議をする時に、

亡くなった子におじいさんの財産を相続させるとすれば、

おじいさんの財産の相続人は一人になるはずです。

おかしな話に聞こえるかもしれませんが、

遺産分割協議で亡某が相続するとするわけです。

その後、この亡某の財産を協議して遺産分割をすればいいのです。

登記原因は

年月日亡某相続

年月日相続 となります。

通常の相続とは違い遺産分割協議書の書き方は

かなりテクニカルなものになりますが・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1779