所有権留保

所有権留保のことを書くのを忘れてました。

例えば、自動車をローンで買った場合、車検証をみると、所有者がローン会社、

使用者が自分となっていることがあります。

つまりローン会社がローンの支払が終わるまで、

買主に所有権を移さないので、所有権留保といわれています。

所有権留保は法律的には担保と解釈されています。

住宅ローンを組んだ時に不動産に抵当権をつけるのと同じ考え方で、

支払が滞った時に自動車を引き上げることができるように

自動車の所有者をローン会社にしておくわけです。

買った方の信用力が高い場合は、ローンで買っても

所有者が買主になっている場合もあります。

自動車ローンの返済が終わったときには

担保はもう必要ありませんので、所有権を移すことができます。

ローン会社に連絡すれば手続のための書類を送ってくれます。

ところで、販売店などに所有権が留保されている場合があります。

この場合も、ローン返済がおわれま所有権を移すことができますが、

販売店が潰れてしまった場合などは問題がおこります。

きちんとした破産手続きを取って潰れた場合には

破産管財人に請求して手続をとることになります。

ところが、破産手続きを取らず、夜逃げ同然に潰れてしまった場合、

裁判手続が必要となってきます。

行方不明の販売店を相手に、所有権移転請求の訴えを起し、

判決をもらわないと、所有権移転の手続はできません。

販売店が行方不明なので公示送達という手順を踏みます。

いずれにせよ、大変な労力を要することになりますので、

自動車ローンを完済したときはすぐに手続をするのが重要です。

車検証の所有者欄など気にしたことがない方・・

一度確認してみることをお勧めします。

私の自動車はリースなので所有者はリース会社です・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1771