障害者自立支援法の改定

障害者自立支援法の改定が4月から施行されることになり、

この改定による手続を成年後見人として市役所でしてきました。

今まで、児童福祉法によって県からサービスを受けていたのですが、

これが障害者自立支援法に組み入れられ、

市からのサービスに変更されました。

これにより、

市の障害福祉課から自己負担金以外が医療施設に支払われる。

自己負担金を取りあえず医療施設に支払う。

市の保険年金課から医療給付として一部戻ってくる。

という流れになったようです。

以前は県と市で役割分担が異なるので、

仕方がないと思っていましたが、

障害福祉課と保険年金課の縦割り行政のおかげで、

面倒な手続を踏まなければならず、

もっと簡単にできないのかなぁというのが率直な感想。

障害者自立支援法が施行以来、

様々な分野からその弊害が指摘されてきましたが、

ますます複雑怪奇な手続になってきました。

言われたとおり手続すれば、それなりにできてしまうので、

理解して手続をしている方はほとんどいないかも・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1751