長男の嫁に財産を2

先日、「長男の嫁に財産を」という内容の記事を書いたところ、

嫁を養子にすればいいのではないかという指摘がありました。

養子にすれば当然、相続人になりますので、

問題が解決するようにも思えますが、

他にも相続人がいる場合は、遺産分割協議をしなくてはなりません。

養子にしただけでは全財産を嫁にあげたいと考えていても、

亡くなったあと、どうなるか分からないわけです。

そういう意味でも遺言を書いておくことが必須となります。

もちろん、養子にした上で、遺言書を書いておけば、

遺産分割協議も必要なくベストかもしれません。

また養子にした上での遺言の場合、

遺言執行者の指定も必要ないかも知れません。

遺言は相続時に遡って効力が生じるので、

遺言執行者による執行を要しないとされることが多いのです。

有名な最高裁の判例もあり、実務では相続執行者がいる場合でも、

相続人から相続登記を申請しています。

(もちろん、遺言の内容によっては例外もあります)

しかし、遺言執行者を指定しておくことで、

円滑な相続手続をすることが期待できますので、

遺言執行者は決めておいた方がよいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1748