長男の嫁に財産を

先日の前の相談から。

長男は亡くなっているが、面倒をみてもらった長男の嫁に

全ての財産を相続させたい。

どうしたらよいか?

この場合、遺言を書いておく必要があります。

相続人以外に財産は相続させることはできませんが、

遺贈という形で財産を渡すことはできます。

ただし、相続人には遺留分という権利があり、

法定相続分の2分の1を請求される可能性があります。

今回は、相続人には生前にかなりの財産を与えており、

遺留分の主張は否定できると思われる事例でした。

もう一つ注意すべきことは、

相続執行者を決めておく必要があることです。

相続執行者がいない場合は、

相続登記のとき、相続人の協力も必要となります。

遺言で財産の相続がないと判明した場合、

協力を仰ぐことが難しいこともあります。

相続執行者を決めておけば、

相続執行者から相続登記をすることができますので、

問題が回避できるわけです。

更に、相続税も一般の相続と異なってきます。

税は専門家ではありませんので詳細は書きませんが、

このことも頭に入れておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1743