個人再生と保証人

個人再生についての相談。

個人再生したいが保証人がついている債務がある。

この債務はどうなるか?

個人再生をすると、債務者の債務の額は軽減されますが、

保証人の債務まで軽減されるわけではありません。

債務者が支払えなくなった時のための保証人ですから。

例えば、100万円の債務が5分の1の20万円になった場合、

債務者は20万円の支払をすればよいのですが、

保証人の100万円に対しての保証は変らないわけです。

債権者から請求されれば

保証人は100万円を支払わなければなりません。

しかし、債務者が20万円支払うわけですので、

事実上、保証人は80万円を支払うことになるでしょう。

保証人も債務整理をすることになる場合もあり、

この80万円の債務を分割弁済する任意整理したりします。

また、保証人が100万円全額を支払った場合、

保証人に対する債務として弁済計画に入れ、

5分の1を債務者が保証人に支払うことになります。

何れにせよ、保証人は80万円の負担を免れないわけです。

保証人になることを頼まれても、

くれぐれも慎重に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1740