時効は主張しないと・・・

サラ金などの借金の消滅時効は5年というのは

かなり知られてきているようですが、

最後の支払から5年以上経って請求が来た場合、

時効だから大丈夫だと思って、

そのままにしておくと何度でも請求されることになります。

時効というのはこちらが主張しない限り、

相手方から認めることはないからです。

これを時効の援用といいますが、

通常は内容証明郵便で時効を援用すると相手方に伝えます。

また、時効を援用しない限り借金はまだあることになり、

個人信用情報(俗に言うブラックリスト)に

載り続けることになります。

自分が借りた会社が債権を売ってしまい、

まったく知らない会社から請求が来ることもあります。

架空請求だと思ってそのままにしておくと、

同じ結果になってしまいます。

現在では債権回収会社(サービサー)もあり、

債権を買い取って請求してきているようです。

万一そのような請求が来た場合は、

専門家にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1718