貸金特区

大阪府が貸金特区構想を政府に提出したそうです。

大阪府内に本店がある貸金業者に

総量規制の緩和、上限利率の緩和を

許可する案らしい。

総量規制によりヤミ金利用が増えることを

懸念しての案らしいですが、

見当はずれの気がします。

この理屈は、消費者金融が主張しているものと同様で、

ヤミ金利用が多くなる可能性から、

規制を緩和するのは本末転倒です。

総量規制は安易な借り入れにより

多重債務に陥ること防ぐために

定められたものであり、

それとヤミ金利用は切り離して考えるべきです。

ヤミ金の取締りを強化する、

ヤミ金の罰則を強化するなど、

ヤミ金自体の存在を許さない形にしなければ

ならないと思います。

橋本知事は「借入額に上限を設けるなど知恵がない」と

言っているようですが、

それでは、今までのままでよいのかと疑問を覚えます。

大丈夫か~、橋本知事^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=171