執行文付与の申立

今月初旬に判決が出た事件が2週間を過ぎたので確定。

強制執行の手続を進めるしかない状況。

判決言い渡し後、2週間は控訴ができますので、

その間は仮執行宣言が付いている場合以外は強制執行できません。

取りあえず、執行文付与申立書と送達証明申請書を作成しました。

執行文付与の申立とは判決に基づいて強制執行していいよという

裁判所のお墨付きです。

ところで、執行文が必要ないのは

1.少額訴訟の確定判決

2.仮執行宣言がついた少額訴訟の判決

3.仮執行宣言がついた支払督促

の場合とされています。

仮執行宣言がついている場合、

仮に執行できると判決に書いてあるんだから、

特に執行文などいらないんじゃないかと考えてしまいそうですが、

原則は執行文がない限り強制執行はできません。

条件付や期限付の判決などもありますので、執行文があることで、

本当に執行が可能かどうかを証明することになります。

少額訴訟や支払督促は迅速に事件を解決するために

設けられた制度ですので例外が認められているわけですね。

仮執行宣言はあくまで判決が確定する前に

強制執行してもいいよということを意味しているだけで、

実際に強制執行できるかどうかは、

執行文付与の段階できまるということです。

今まであまり考えもせず執行文をもらっていたのですが、

奥が深い・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1708