共有物分割と登記識別情報

権利書に代わり、登記識別情報が発行されるようになって

数年経ちますが、やっと慣れてきたという感じです。

権利書の方が良かったとか色々意見もあると思いますが、

1点だけ権利書より優れていると思ったことがあります。

相続などで共有の登記をした場合、

権利書ですと1枚の権利書しか作成されませんでした。

それが登記識別情報の場合、1人1人に別々に発行されます。

その利点が一番はっきりするのが、

共有の土地を分筆して共有物分割にする場面です。

共有物分割をした場合、以前の相続などで取得した時の権利書と、

共有物分割した時にできた権利書の双方を合わせて

全体の権利書になります。

新しくできた権利書は分割によって取得した持分のものであり、

元々持っていた持分は相続などで取得した権利書が

これにあたるからです。

ということで、せっかく共有物分割をして

それぞれの人が単有になったのに、

共通の権利書がまだあり、誰が保管するかといった

非常にやっかいな問題が生じていたわけです。

例えば共通の権利書を保管していない人が、

土地を処分する場合、共通の権利書を保管者から

借りなければならないという面倒があり、

保管者としては自分の財産も載っている権利書を

貸し出すのもいい気持ちがしませんよね。

ところが登記識別情報になってからは、

共通の権利書というのはありえず、

このような問題が起こる余地がないわけです。

でも、権利書時代の土地の共有物分割の方がまだまだ多く、

問題は全然解決しておりません・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1698