住宅ローンの相談

このところ住宅ローンの相談が何件かありました。

住宅ローンの相談のパターンはいくつかあります。

「1.支払がきつくなった」

「2.弁済が滞っていて金融機関からこのままだと

法的処置を取るとの連絡が来た。」

「3.弁済が滞っていて金融機関から保証会社に

代位弁済してもらうとの連絡が来た。」

「4.保証会社が代位弁済したとの連絡が来た」

「5.保証会社から差押えの手続を取るとの連絡が来た」

「6.裁判所から差押えの連絡が来た」

など色々あります。

1の場合、金融機関にリスケジュールの相談に行けば、

ボーナス払いを止めたり、月々の弁済額を下げたり、

交渉できることも多いようです。

2は通常住宅ローンが3ヶ月滞るとこのような連絡が来ます。

このまま住宅ローンを払って行きたいならば、

早急に一部でも弁済する必要があります。

保証会社が支払をしてしまえば、保証会社から

ローン全額を一括で支払うように請求されるからです。

もちろん、リスケジュールの相談にも行くべきです。

3は手遅れ寸前です。すぐに金融機関にある程度の弁済をしないと、

家を諦めるか、個人再生などの手続を取る必要がでてきます。

4は手遅れ・・・まぁなんとか個人再生の手続に持っていければ

家を守ることも不可能ではないんですが・・

5は滞ってから6ヶ月するとこのような連絡がきます。

個人再生の可能性はまだありますが、

殆どの場合、自己破産手続をとることになります。

6の段階ですと、保証会社が代位弁済してから6ヶ月以上

経っていることが多く、個人再生手続は使えません。

家を諦めて、任意売却するか競売手続きに任せるか・・・

どちらにせよ残債が残ることが殆どですので、

自己破産手続が必要になります。

直ぐに家を出て行く必要がないことが救いかも。

とにかく、遅れれば遅れるほど解決しづらい事態になりますので、

一日でも早く解決に向けて動き出すことが重要です。

6の段階の相談が多くて困ってます・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1690