心配と意識

相談会などで、「何を相談していいか分からない」と

おっしゃる方がいます。

そういう時は、「ご心配なことはなんですか?」

と質問することにしています。

何を心配しているかが分かれば、

その元になっている問題について相談をすることに。

まぁ、大抵は事実関係を聞き出すことすら

なかなかできないことも多いのですが、

そこから問題になりそうなことを予想して、

色々と説明することになります。

実際は、殆ど可能性の無いことまで心配される方もおられ、

その場合でも解決方法があることをお話しすると、

納得されることも多いようです。

私自身は可能性を前提に物事を考えることは

あまり好きではありません。

もしこうなったらどうしようとか、

これがだめな時はどうしたらいいのだろうとか

悩むことはほとんどありません。

楽天的といわれればそれまですが、

今できることを精一杯やっていくことの方が

重要だと思っているからです。

それと区別しなければいけないことは、

いざ問題が起きたときにパニックにならないように、

問題が起こる可能性があることを意識しておくことです。

これだけで、問題が起きたとき、

「やっぱりね」といった程度で向き合うことができます。

う~ん、この区別は説明が難しいですね。

文章にしてみると全然違いがナイような気が・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1656