住所変更登記の添付書類

山形の法務局に不動産の住所変更登記を出しました。

住所の変更登記には変更を証明する書面として、

通常は住民票をつけます。

住民票にはどこから引っ越してきたか記載されており、

証明になるわけです。

引越しを何回かされている方は

前の住所の住民票(除票)を取らないと、

登記されている住所と、つながらないことになります。

ところが、住民票(除票)は保存期間が5年ですので、

5年以上前の住所移転については証明できません。

その場合は、戸籍の附票を取ることになります。

本籍の所在地には、すべての住所移転が記録されています。

しかし、戸籍を移転すると、戸籍の附票の保存期間も

5年ですので、5年以上前に本籍を移転していると、

この書類も取ることができません。

その場合、色々と書類をつけることになるのですが、

これが、法務局によって扱いが異なります。

普段、地元の法務局で必要とされる書類では駄目な場合が多く、

提出先の法務局に確認することになります。

先例として法務省がこれが必要書類だと、

通達してくれれば楽なんですが・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1628