7年前の記録

午前中、ある消費者金融から7年ほど前に

破産申請した方について問合せがありました。

まだ個人信用情報にその方の記録が残っており、

それを消すための確認に、その方の破産申請の

受付番号が必要だというのです。

書類もどこかにあるはずですが、

すぐには出てきません。

記録はパソコンで管理しているのですが、

受付番号を債権者に通知した時、

別紙のとおりとして、受付票を送ったという

記録があるのみで、

受付番号自体は残っていませんでした。

まぁ、パソコンを新しくしても、

データだけは移行して残すようにしていたので

最低限の記録だけは出てきましたが・・・

当時は、債務整理用のパソコンのソフトも使っておらず、

記録の残し方に問題があったようです。

やはり、記録はきちんと残しておかなければ

ならないと反省。

現在は受付票をスキャナーで読み込んで保管しています。

ところで、消費者金融の方は受付た裁判所と

年月日が分かったので、裁判所に問い合わせますと

いうことで、個人信用情報の記録も消えると思います。

ほっ・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=159