性格分析2

性格分析パート2です。 

 

今回はストレングスファインダーというのを受けてみました

 

これは,さあ、才能に目覚めよう (日本経済新聞社)という本を買うと、

性格診断サイト用のIDナンバーが取得でき、

180問の質問に答えると、

34の資質のうち上位5つが表示されるというものです。

 

その結果、

1位 内省

2位 収集心

3位 学習欲

4位 着想

5位 分析思考

になりました。

う~ん、これは当たっているな~

 

内省は「考えることが好きです。」と書かれていましたが、

確かに、あーでもない、こーでもないと

頭は働かせることは嫌いではありません。

 

収集心は「知りたがり屋、物を収集する」となっていましたが、

事実、くだらないものをたくさん集めてしまっています。

小さい頃の小石集めに始まり、

何に使うのか分からないものまで

なぜか捨てずに取ってあったりします。

 

学習欲 「学ぶことが好きです。内容や結果よりプロセスが刺激的」

当たってるな~。

特にプロセスが刺激的という部分は、

これがないと、何のやる気も起こらないくらいです。

 

着想 「着想とは、

ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。

あなたは複雑に見える表面の下に、

なぜ物事はそうなっているかを説明する、

的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります」

そうなんだよな~。

これだって言う勘所が分かったときの喜びは非常に

大きなものがあるな~

 

分析思考 他の人に「証明しなさい。

あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」

と強く要求します。

そのとおり。例えば

この性格診断は34パターンから5個選び出すと、

同じ組み合わせの人は3300万人に1人だと書いてありました。

それを見てすぐに、計算してみて本当か確認してしまいました。

 

ちなみに、順列で計算すると合っていますが

組み合わせでは120で割らないといけないので、

この記述は正確ではないな、など考えておりました。

 

このストレングスファインダーというのは

自分の中で通常してしまう反応を才能と名づけ、

欠点の克服ではなく、才能を伸ばしていこうという

考え方のようです。

 

それ自体は新しい考え方ではないのですが、

才能の見つけ方が、非常にすばらしい。

 

ここまで納得できる結果が出た性格診断は

初めてでした。

 

2009年7月5日4:13 PM| カテゴリー:未分類コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1586