支払督促・・・いじめ?

裁判所から支払督促の書類が来たとの相談がありました。

貸金債権は5年が時効ですので、

最後の支払から5年近く経つと時効中断のために、

裁判手続をしてくる会社はかなりあります。

対応としては、異議を申し立てれば、

通常訴訟に以降しますので、

2週間以内に異議申し立てを送っておけば大丈夫です。

ところで、今回は「督促手続オンラインシステム」について。

裁判書の手続は基本的に書面で行いますが、

支払督促の手続はオンラインですることができます。

すべて東京簡易裁判所が処理することになっています。

ところが、この通知書がなんだか重要な書類に見えないのです。

はがきを縦に2枚並べたほどの大きさで、

周りを切り取ると中が見えるようになっています。

「重要な書類です。よくお読み下さい」と書いてはありますが、

どう見てもNTTの請求書以下の体裁です。

その上、中に書いてある文字が「いじめ」かと思うほど小さい。

特に貸金請求の計算書など、文庫本のルビ程度の大きさです。

これが何ページに亘ってついてくると、

目がチカチカしてしまいます。

簡単に申立できるので、近頃は消費者金融の利用も多く、

もし、無視すると判決と同じように

強制執行される可能性がありますので、

裁判所からの書類は注意してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1546