認定試験

今日は、簡裁訴訟代理等能力認定試験(認定試験)の

合格発表があったようですね。

毎年、司法書士試験を受かった方が、

簡裁代理の資格を得るために100時間の研修を受けた後、

6月ごろ受験をしています。

70点満点中、40点が合格ラインで、

合格率は約66%だったそうです。

自分の認定試験は平成15年の第1期生です。

その頃はまだ試験制度も確立しておらず、

受験生の中からチューターが得ればれ、

あーでもない、こーでもないと色々悩みながら、

研修をこなしていった思い出があります。

合格率もどの位なのか全然予想もできず、

全員受かるんだろうと言っている人や、

いや、かなり合格率は低くなるはずだと

言っている人もいました。

まぁ、なんとか合格できましたが、

その後、第2期生のチューターをすることになり、

またまた、苦労したのを覚えています。

年々問題が難しくなっているとのことですが、

今年の試験問題の建物明渡についてを見ると、

実際訴訟をするには理解していないといけない事柄が

問われているように思いました。

でも、実務では参考資料をアンチョコにできるので、

今年受けて合格できたかどうかはあやしいかも・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1543