「大字」つきと「大字」無し

都会に済んでいる方はご存じないかもしれませんが、

住所には「大字」がつく場合があります。

地方によって「字」などの場合もあるようですが、

私が住んでいる埼玉では「大字」がつく住所がかなりあります。

町名変更や住居表示を実施する際には、

「大字」をつけずにそのままの地名を使うか

新しい地名をつけることが多いようですが、

これらの処置がなされていない地域では「大字」が

未だに使われています。

ところで、今日は1つミスをしてしまいました。

ある住所が住居表示も地番変更もされていないのに

「大字」がないのです。

途中で気がついたので「大字」無しの住所に統一したつもりが

1箇所だけ直すのを忘れてしまいました・・・チェックがあまい!

ところで、どうして昔からある住所で「大字」つきと

「大字」無しがあるのかと調べてみると・・・・

もともと「大字」は明治の大合併の時に

2以上の村を合併した際にできたものだそうです。

例えばA村が他の村と合併してB村になった場合、

B村大字Aとしたようです。

従って、明治の大合併以前に合併した場合などは

「大字」がついていないわけです。

ちなみに、私が住んでいる所は飯能市「大字」双柳です。

普段は省略してしまいますが、正式には「大字」がつきます。

住居表示がまだ行われていないので、昔ながらの表記です。

しかも、市役所があるのも双柳なので大字つき・・・

どんな田舎だ!!と思われそうです・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1510