給料の差押と自己破産

給料をすでに差し押さえられている方から、

債務整理の相談がありました。

給料の差押の対応は色々ありますが、

自己破産に該当しそうなので、

自己破産と給料の差押の関係を説明しました。

破産法上では、管財人がつく場合と、

つかない場合(同時廃止)で規定が異なります。

管財人がつく場合は、

債務者の財産を確保して配当するために、

破産宣告がなされると、

強制執行の手続は効力を失うとされています。

これに対し、同時廃止の場合は、

中止するとされているのみですが、

免責決定が確定すれば、効力を失うとされています。

つまり、破産宣告がなされれば、どちらの場合も、

債権者は給料を差押ることができなくなるわけです。

そこで、破産宣告後すぐに、

債務者の勤務先には債権者に支払わないように連絡し、

債権者に対しては、差押を取下げるようにお願いします。

ということで、なるべく早く破産申請するかが

ポイントになることを説明しました。

まぁ、給料が差押えられる前に

相談に来て欲しかったというのが本音ですが・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1499