武富士の更生計画案は同意?不同意?

武富士の更生計画について、

同意すべきか不同意にすべきかの質問もあり、

また、武富士から直接、同意してくれるようにとの

要請の電話もあったりしましたので、

すこしまとめてみたいと思います。

まず、会社の形態としては、

消費者金融の事業を承継する会社と、

債務を弁済する会社に会社分割し、

前者をスポンサーであるA&P社(韓国の消費者金融)

のグループ会社であるアプロ株式会社が承継、

後者は更正会社の武富士が社名変更して、

TFK株式会社として弁済に当たるとしています。

次に、更生計画では債権額の3.3%を

第1回弁済とするとあります。

また、第2回の弁済がされる可能性もあるとのことです。

武富士の言い分では、更生計画ではA&P社からの

資金が入るので3.3%が可能で、

更生計画が認められなければ1.92%になってしまう。

これに対し、7月1日に海外の社債権者から

再生するより清算した方が弁済率は高くなるとして、

独自の更生計画案が裁判所に提出されました。

これによると、5~6%は確保できそうということですが、

実際、どちらの意見が正しいか判断する情報はありません。

ところで、武富士は更生計画が認められれば、

同意の書類を早く提出した債権者から

順に弁済をすると言っています。

不同意が多くなり、更生計画が認められなければ、

その後、清算手続きがなされることになり、

それに何年かかるか分からないとも言っています。

実際、清算するとなればかなりの時間がかかることは

間違いありません。

直ぐにでも弁済して欲しいという方は

不満があっても、同意せざるを得ないかもしれません。

また、「武富士の責任を追及する全国会議」からも

管財人への批判がでており、不同意を呼びかけています。

武富士への責任追及を中心に考えれば、

いくら時間がかかっても不同意との意見になるでしょう。

私自信は武富士の責任を徹底的に追及すべきだとは思いますが、

人それぞれ色々な立場があると思いますので、

同意不同意は一人一人の債権者の判断になるでしょう。

多少は参考になったかな?

 

コメント

  • 7年分断でも一連和解…

    お気に入りブログ更新情報から。 「レイク 7年分断でも一連和解」 (ガチンコ過払い請求! 千葉債務整理相談室ブログ) レイクへの過払い金返還請求訴訟で、 7年の分断がありながらも、一連計算で和解決着とのこと。 衝撃的でした...。 基本的に、一連か分断か……

    2011年9月21日 10:00 AM| 過払い金ゲットブログ~本人訴訟で過払金請求~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1485