担保の付いていない不動産と自己破産

今日の相談は、去年まで事業をしていたが、

お勤めに変わった方。

自宅を持っているが住宅ローンはなく、

担保も付いていない。

事業用資金の借入が数社と税金の滞納がかなりあり、

差押されている。

任意売却しようと不動産屋さんに相談したが、

かなりのオーバーローンになっている。

中々、解決が難しそうです。

というのは、担保が設定されていれば、

その債権者に優先権があるので、

住宅の売却代金をそこに渡してしまってもいいのですが、

今回は、税金には優先権がありますが、

その他の債権者は平等に扱わなくてはなりません。

また、売却したとしてもかなりの残債が残りそうなので、

自己破産の方向を検討する必要もありそうです。

う~ん、ということは

破産管財人を選任してもらって、破産手続きの中で

不動産を売却してもらって配当するのがよさそうです。

しかし、管財人を選んでもらうには50万位予納金が必要ですし、

積み立てができるかな~?

破産するのにもかなりのお金が掛かるのが問題です・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1474