グルグル・・・

生活保護は通常、不動産を持っていると

受けることが難しいとされています。

不動産を売却すればいいからですが、

その不動産が売れないことが往々にしてあります。

そこで、不動産を持っていたとしても、

収入が殆どない場合、生活保護を受ける必要がでてきます。

ところで、借金があると生活保護は受けることはできません。

税金を使って、借金弁済をするということは不公平だからです。

しかし、借金がなくなる予定、つまり自己破産手続中であるとして、

生活保護が受けられる場合があります。

ところが、自己破産の場合、土地などを持っていると、

基本的に管財人が選任されますが、

この場合、予め裁判所に費用(予納金)を納めなければなりません。

自己破産をしたくても費用がない場合は、

法テラスを利用して費用の立替を利用しますが、

予納金は法テラスでは立て替えてもらえません。

しかし、生活保護を受けている場合は立て替えてもらえます。

ということで、

借金があり、収入がほとんどないが、土地を持っている。

土地を売りたいが売れない。

生活保護を受けたいので自己破産の必要がある。

しかし、破産をしたいが費用がない。

法テラスを利用しようとしたら予納金がでない。

そこで生活保護を申請したら借金、不動産があるので受けられない。

生活保護を受けられないので、予納金の立替を受けられない。

自己破産の費用が用意できないので、自己破産できない。

ぐるぐる回っております・・・・^^;

この連鎖を断ち切るためには、

自己破産を前提に借金、不動産があっても、

生活保護を受けられるようにするしかないでしょう。

田舎では農地の関係や殆ど価値がない不動産などが多く、

本当に困っております・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1466