メタンハイドレート

このところ、脱原発ということで

色々な新エネルギーの話題がありますね。

ちょっと興味があるので調べてみると、

すぐ実用化できそうなものから、

怪しいものまで選り取りみどり・・・

面白そうなものをいくつか紹介してみましょう。

(ブログねたに相当困ってます)

まずは、「メタンハイドレート」。

これは、海底にある物質で、メタンガスが水分子と

結合しているものだそうです。

自然界で安定するのは低温、高圧である海底に限られ、

日本の近海にもかなりの埋蔵量が予想されています。

低温、高圧でなければならないということは、

地上に運んでくるだけで、

メタンガスと水に分解されるとのことです。

メタンガスによる発電は重油による火力発電より

二酸化炭素の排出量も少ないそうですし、

将来性があるのではないでしょうか。

面白いことに、「メタンハイドレート」は

魚群探知機で探すことが出来るそうです。

海底からメタンガスが発生しているところが

魚群探知機ではっきり示されるので、

容易に見つけることができるらしい。

従来から、このガスが発生しているところで

カニがよく取れることは漁師さんの間で

よく知られていたそうです。

もしかして「メタンハイドレード」を利用するようになると、

カニが取れなくなるかも・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1445