住宅ローン滞納後の個人再生

住宅ローンの支払が滞ってから、6ヶ月近く経って、

個人再生をしたいという依頼が・・・

通常、住宅ローンは3が月支払をしないと、

保証会社が代位弁済(債務者に代わって全額弁済)し、

保証会社から債務者に請求が来ます。

その後、3ヶ月位で法的手続きを進めますと連絡が来て、

差押えがされることになります。

ということは、差押え寸前です。

代位弁済後6ヶ月以内に個人再生の申立をし、

再生計画が認められれば、

保証会社の代位弁済はなかったことになります。

(巻戻しと呼ばれます)

しかし、差押をされてしまうと、

競売の手続が始まってしまいます。

これを止めるためには、裁判所に中止命令を

出してもらわなければなりません。

通常、個人再生の手続は3~4ヶ月かかりますので、

中止期間はこの期間とされることが多いようです。

それより問題になるのは、

滞納分の遅延利息を請求されることです。

通常利息と異なり、遅延利息は14%程度のことが多く、

2000万円の残債があれば、半年で140万円もの損害金が

付いていることが考えられるわけです。

すぐに申立ができればよいのですが、

時間が掛かればかかるほど、損害金の額も増えていきます。

こうなると、住宅ローンの特則を利用しても、

なかなか弁済計画が立てられないこともあります。

このようなことから、個人再生を利用したい場合は、

住宅ローンだけは支払い続け、

個人再生の申立と同時に裁判所へ住宅ローンの

弁済許可申立書を提出するのがベストです。

「個人再生を利用したい場合は、住宅ローンを止める前に。」

これは重要です・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1436