東電のビル売却計画

東電が本社ビルを証券化して一時的な売却を

検討しているというニュースを見ました。

簡単に言うと、一時不動産を売却して、

その間、賃貸契約を結び使用しつづけ、

将来買い戻すという仕組みです。

リースバックといわれる手法ですが、

過去にもJパワーが利用した方法です。

個人の債務整理の場合も、これに近い方法を取ることがあります。

住んでいる家を知人に売却し、その方から家を借りることで

住み続けることができるわけです。

通常は住宅ローンを組んで、賃料を弁済に当てることが

多いようですが、中々条件がそろわず難しい面が出てきます。

よく、兄弟が買い取りたいとの相談もありますが、

実際上は兄弟間売買では住宅ローンを組むことはほとんどできず、

現金で買い取れる場合に限られてくるようです。

実際には、

*知人に任意売却で自宅を買い取ってもらう。

*息子さんが賃料を支払う。(元のローンより金額が減った)

*知人は賃料で住宅ローンを支払う。

*依頼者は住宅ローン以外を債務整理する。

という形で自宅に住み続けることができた例もあります。

住宅ローンが滞ってしまって、

個人再生も難しい場合でも利用できることがあり、

検討してみる価値はあると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1429