モビットの債務整理

モビットという会社は、債務整理がしずらい会社です。

元々、法定利息内の貸付なので、低金利で安心の貸金業者ですが、

それが、逆に仇になって、元金の減額は見込ません。

また、任意整理にもある程度は応じてくれるのですが、

取引期間が短い場合などは、短期間の弁済計画でないと

和解が成立しません。

任意整理より「和解にかわる決定」を望んでいるようなのです。

「和解にかわる決定」とは、裁判の中で和解をすることで、

通常の任意整理と違い、この決定に基づいて強制執行ができるわけで、

和解どおりに弁済しないと給料などを差し押さえられてしまいます。

ただ、裁判中の和解では3年~5年の弁済計画で成立することが多い。

逆に、取引期間がかなり長い場合には、

任意整理で6年の弁済計画を認めることもあり、

ケースバイケースの対応のようです。

弁済実績のない債務者に対しては、

強制執行ができるようにしておきたいということでしょうか?

とにかく、やりづらいです・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1425