外国在住の場合の相続放棄

今日も個人的サマータイムでした。

朝、7時に仕事を始めると、5時過ぎには大体の作業が終わるようです。

さて、今日の午前中は相続放棄のご相談。

今回の相続放棄をする方の中に、

外国に住んでいる方がいらっしゃいました。

相続放棄は外国在住でも可能です。

照会書が確実の届く住所さえ記載してあれば、

通常の相続放棄の手続とほぼ同一です。

しかし、郵便が届かないなどの事情がある場合は別です。

例えば、現在はリビア宛の航空郵便は停止されているようですので

帰国してもらうしかないと思われます。

今回の方は、欧州の陽気なことで有名な某国。

航空便の料金を調べて、その分の切手を家庭裁判所に送ります。

通常の家庭裁判所では80円切手5枚、10円切手5枚を

付けることが多いので、5セット送ればよいでしょう。

料金を調べるには、日本郵便のサイトが便利です。

「トップ」→「国際郵便」→「料金・日数を調べる」と

クリックすると条件を入力すれば、計算結果が出てきます。

100g以内で定形外でいいと思います。

ついでに、お届け日数も分かるのですが、

某国は航空便で8日とでてきました。

しかし、依頼者に聞いてみると10日以上掛かるそうです。

つまり、某国は非常にノンキなので郵便が何時着こうが

あまり気にしていないということらしい。

まぁ、お国柄ということで・・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1385