時効完成後の承認

最後の弁済から5年以上が経っており、

消滅時効で債務が無くなっていると思っていた方の

債権者から連絡があり、

去年、債務承認の書類を取り交わしているというのです。

こ、これはダメだ・・・・

時効が完成した後でも、債務の承認をした場合は、

時効が完成したことを知らなかったとしても、

それ以後は消滅時効を主張することは

信義則に反しできないというのが、確立した判例です。

つまり、承認した以上は、時効を主張することが

出来なくなるわけです。

任意整理で数社弁済をすればよいと思っていたのが、

かなり多額の債務が残り、根本的に方針が変わってしまいます。

自己破産も視野に入れて考えないといけなくなります。

また、連帯保証人がついているので、

時効との関係でどうなるかを考えなくてはなりません。

一般に、保証人は債務者の時効を主張することが出来ますが、

この場合は、どうなるでしょうか?

続きはまた後日・・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1346