個人再生と訴訟

GW中は、ブログの更新もサボリ気味でしたが、

今日から毎日再開です。

個人再生は準備に時間がかかるため、債権者が待ちきれなくなり、

訴訟を提起してくることが時々あります。

個人再生は自己破産や民事再生と異なり、

訴訟手続は中断することはありません。

しかし、個人再生の開始決定があれば、判決を得ていても

強制執行することは出来なくなります。

従って、これ以上訴訟を続けても無意味であると交渉して、

訴えの取下げをしてもらうことになります。

それでも、取下げをしない場合は応訴するしかないでしょう。

訴訟の継続中に、個人再生の開始決定が出た場合も、

債権額等に争いがあれば訴訟継続の必要があります。

個人再生の認可決定が確定した場合には、

認可決定を抗弁として主張して、

個人再生計画に沿った判決をもらうことになります。

まぁ、通常は申立をしたことを伝えれば、

取下げに応じてもらえることが多いのですが・・・

今回も、5月中には個人再生の申立をする予定でしたが、

ぎりぎりアウトで訴訟を提起されてしまいました。

なんとか、粘って待ってもらっていたんですが・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1331