退職金見込額・・・

昨日は自己破産の場合、自動車ローンが問題になると

書きましたが、他にもなかなか解決できないことがあります。

自己破産も個人再生も退職金が出る場合、

退職金の見込額を証明する資料が必要になります。

会社に退職金の見込額を出してもらえれば、

何の問題もないのですが、

債務整理をすることを内緒にしたい時は、

会社にお願いすることは出来ません。

この場合、就業規則や退職金規定などを資料に

在職年数から退職金見込額を計算することになります。

就業規則や退職金規定などは従業員が

いつでも見られるようにしておかなければならない

ことになっていますが、

小さな会社などでは備えられていないことも多いようです。

また、退職金が出ない場合も、

退職金がない旨の資料が必要になります。

この問題がネックになって

手続が進まなくなってしまうことも。

まぁ、いくつか方法がないこともないのですが、

あまり大きな声で言えないので・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1281