震災で権利証が・・・

友人が今回の震災の報道を見て、家が流されてしまったりして、

権利証が無くなったらどうなるかと質問してきました。

結論としては、どうにもなりません。

まず、権利証が無くしたとしても、

土地や家の権利を失うことはありません。

権利証は登記申請のときに、本人確認のために提出するものですので、

権利証が無くなったからといって、

登記簿上の権利関係が変化することはありません。

また、登記申請には権利証だけではなく、

印鑑証明や実印が必要になりますので、

権利証が無くても他人が勝手に登記をすることはできません。

権利証は再発行されることはありませんので、

もし、登記をしたい時には別の制度があります。

司法書士作る本人確認情報というものを使って、

権利証がなくても登記することができます。

権利証が紛失しただけでなく、

他人が持っていってしまったのかもしれないと

ご心配な方には、不正登記防止申出制度というものもあります。

この申出をして3ヶ月以内に登記申請がされたときは、

申出をした人に通知が行くことになっていますので、

不正な登記を防止することもできます。

我々、司法書士にとっては当たり前のことですが、

ご存じない方は心配になるのでしょう。

以上は権利証の場合ですが、

現在の登記識別情報でもほぼ同様のことがいえます。

さらに、登記識別情報の場合は失効の制度があり、

登記識別情報が無くても、その番号を失効させることができます。

まぁ、それほど心配しなくても大丈夫ということです・・・^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1266