リースバック

昨日も債務整理の相談は早めにと書きましたが、

今日も住宅ローンが滞って、差押をされ、

競売までされてしまった後の相談がありました。

地元の不動産屋に競落され、家を引き渡さなければなりません。

もし、差押の時点で相談があったらどうなったでしょう?

考えられるのはリースバック方式の任意売却があります。

知人や親戚に任意売却で買い取ってもらい、

それを借り受ける形で住み続けることができた可能性があります。

*協力を得られる買主を見つける、

*賃料が従来の住宅ローンより安くなる、

*他の借金の整理ができる等、

リースバック方式を取れる場合は限られていますが、

利用できるかどうか動いてみることも必要です。

今回の相談では、競売された後も住宅ローンの残債が残り、

自己破産の可能性もあります。

任意売却した場合も住宅ローンの残債が残ることも多く、

リースバックをしても自己破産は免れないかもしれません。

しかし、元の家に住み続けられる可能性もあり、

検討してみる価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1252