保証人と債務整理

保証人がついている場合、債務整理をするとどうなるか

という質問をよく受けます。

具体的事情によって変わってきますが、

通常、保証人は連帯保証人になっていることが多いでしょう。

その場合、本人が自己破産や個人再生をした場合と、

任意整理による減額や過払い金の請求をした場合によって

結論は異なってきます。

自己破産や個人再生をした場合は、

本人から本来の支払を受けることが出来なくなったわけですから、

保証人は債権者からの請求を拒むことはできません。

債務が高額になる場合は保証人の債務整理も

考えなければならないこともあります。

依頼者の中には保証人になったために、

自己破産した方もいます。

任意整理の場合も、法定利率での再計算以下の金額で

和解が成立した場合は、その差額が請求されることもあります。

これに対し、法定利率での減額が成立した場合や

過払い金の請求をした場合には、

保証人に請求が行くことはまずありません。

任意整理の場合は、債務を選んで整理することも出来ますので、

保証人に迷惑を掛けないように、保証人付の債務は

そのままにしておく場合もあります。

このように保証人になるということは、

いつ支払の請求が来てもおかしくないわけですので、

保証人になってくれといわれても、

よく考えなければならないのは理解できると思います。

慎重に、考えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1223