それでも心配な相続放棄

1月の中旬に提出した相続放棄申述の受理通知が

ようやく届いたとの連絡がありました。

以前書いた、突然数億円の債務者?の相続放棄手続が終わったのです。

亡くなった方の調査から始まって、ようやくここまで漕ぎ着けました。

何度も書いていますが、相続放棄は基本的には死亡から3ヶ月以内に

しなければならないのが、原則です。

しかし、死亡の事実を知らなかったり、借金があることを知らなかったり

した場合は3ヶ月を過ぎてもいても認められます。

死亡の事実や、借金があることを知ってから3ヶ月以内に

相続放棄の手続を取ればよいわけです。

とは言うものの、なぜ3ヶ月を過ぎてから相続放棄をするのかの

説明をきちんとしなければならず、難しい面もあります。

今回は、そのあたりの事情をかなり詳しく上申書という形で提出し、

家庭裁判所から来た照会書にも、もう一度念を押して説明しました。

相続放棄は絶対に失敗できない手続ですので、

不安がある場合は専門家にご相談することをお勧めします。

金額が金額なだけに、大丈夫と分かっていても少しだけ心配でした・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1210