バックアップの重要性が高まった

昨夜は、新オンライン申請の研修会に行ってきました。

業務用ソフトを使っているので、あまり受ける必要が

ないかなとは思いましたが、何か参考になることがあるかと。

その中で、1つ重大なことが分かりました。

今までのオンラインシステムでは、申請の状況を確認する画面を

「処理状況確認画面」と呼んでいましたが、これが

「処理状況表示画面」に変わったとのこと。

何が違うかというと、確認が表示になったのですね。

ここにシステム上重大な相違があるそうなんです。

今までは、法務省のサーバー上にデータが送られ、

どこまで処理がなされているのか「確認」することができました。

ところが、新システムではデータはあくまで自分のパソコンにあり、

このデータを送ってどこまで処理されているか

「表示」させるというのです。

つまり、自分のパソコンのデータが壊れたらお仕舞いということです。

今まで以上にバックアップの重要性が高まったわけです。

しかし、時代はクラウドの流れなのに、逆行しているな~、法務省。

ご存知の方も多いかもしれませんが、クラウドとはインターネット上の

サーバーに、データだけではなく、ソフトウェアも置き、

インターネットエクスプローラー等のブラウザでアクセスするだけで、

ワープロソフトや計算ソフトがなくても、利用できるというものです。

ところが今回の新オンラインシステムでは、ソフトウェアのみならず、

データまでも自分のパソコンに置くといいます。

ハードディスクがいかに壊れ易いかを知っている人間なら、

絶対に選択しないはずなんだがな~。

大丈夫か、法務省・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1198