住所の調査

しばらく前から、住所を調べるという話題を書いていますが、具体的な方法を説明しましょう。

本籍を管理している市区町村には、戸籍の附票というものがあります。

住民票や戸籍と違い、あまり馴染みがないかもしれませんが、これは住民票を写すたびに、

戸籍の所在地の市区町村に連絡が行き、それが記録されているのです。


戸籍を移さない限り、その戸籍ができてからの住所がすべて記載されています。

本籍が分かれば、現在の住所が調べられる。

本籍は、住民票を本籍付で、取得すれば調べることができる。

住民票を移したとしても、5年間は住民票の除票という閉鎖されたものが取れるので、

あまり昔のことでなければ、本籍はほとんどの場合分かる。

このように、1つずつ追いかけていくわけです。

ところで、近頃のコンピューター化による改正で、戸籍の附票も新しくなっている役所が多いようです。

戸籍の附票は住民基本台帳法に基づくものですので、保存期間は住民票とおなじく5年。

コンピューター化後、5年たつとそれ以前の記録は交付してもらうことができません。

困ったものです・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=118