訴えの取下げ

週末、某消費者金融から振込みがあったことが

確認できました。

来週の予定だったのですが、早めに振込みしたらしい。

ここは、過払い金請求訴訟を起こしていたところですので、

訴えの取り下げをしないとなりません。

訴えの取り下げは、裁判所に取り下げ書を提出すれば

よいのですが、タイミングによって、内容が変わってきます。

訴状を出した後、相手方が答弁書などを提出する前に

和解が成立した場合は、単に取り下げ書を出せば終わりです。

ところが、相手方が答弁書を出したり、

第1回の口頭弁論に出席したりした後は

取り下げるには相手方の同意が必要です。

裁判所の手続きに相手方が答えた以上、

相手方の裁判で問題を解決する機会を

奪わないためとされています。

同意がいる場合は、和解書を取り交わす時点で

同意書にも押印をもらっておきます。

多少なりとも、裁判所のお手伝いをしておくわけです。

今回は、訴状が相手方に送られた時点で、

和解の申し入れがあったので、同意はいりません。

週明けにさっさと、提出することにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1168