登記印紙

登記印紙が廃止されるということは知っていましたが、

きのう法務省のHPで取り扱いについて発表がありました。

登記印紙は、法務局の登記事項証明書(登記簿謄本)等の

請求の際に手数料を支払うために利用されていた印紙です。

登記申請は収入印紙、謄本は登記印紙と一般の方は混乱する

原因にもなっていたようです。

登記印紙は法務省が登記特別会計として、一般会計とは別に、

自分のところで稼げという理由で創設されたようです。

コンピューター化も一段落し、登記特別会計が廃止されて

一般会計に組み込まれることにより、

今後は収入印紙を利用することになります。

4月1日が切り換え日のですが、

その後も現在の登記印紙も使えるようです。

収入印紙と登記印紙の組み合わせでもOK。

あ、謄本の手数料だけですので、

登記申請には使えませんのでご注意を。

ところが、現在1000円の謄本代が、

オンライン申請と同じく700円になりそうなので、

1000円の登記印紙は使いづらくなりそうです。

現在持っている方はなるべく早めにお使い下さいということですが、

事情が許す限り安くなるのを待って取得するのが普通でしょう。

おつりはくれませんよね・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1156