借金と生活保護

債務整理の相談をしていると、生活保護のことを

聞かれることがあります。

よく聞かれるのが、

「借金があると生活保護は受けられないのでしょうか?」

ということです。

基本的には、借金があっても生活保護を受けることは可能です。

生活保護を受けることが出来る条件のひとつに

収入が最低生活費(地域や家族構成によって異なる)を

下回っていることがあります。

例えば、給料を20万円もらっており、8万円を返済に

当てているとしても、収入は12万円ではなく、

20万円から必要経費を差し引いた残額とされています。

つまり、借金の返済があるなしに関わらず、

実際の収入で生活保護が受けられるかどうかが

決まるのです。

しかし、生活保護によって支給されたお金を

借金の返済に回すことは認められていません。

早急に債務整理の手続きを取ることになると思いますが

この場合は、自己破産をすることになるでしょう。

借金が残るような債務整理では、結局生活保護費を

借金の返済に回すことになってしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1143