和解書の再送

ア〇ムから、和解のやり直しの依頼の連絡があった。

遅延利息の利率を間違えて0%にした

和解書を送ったそうだ。

すでに押印して送り返してあるが、控えを見てみると

確かに、0%になっている。

こちらとしては、全然気にならないことだが、

あちらでは、問題になるのだろう。

和解書をもう一度送るので、再度印鑑を押して

欲しいとのこと。

そのくらいはなんでもないが、第一回の支払日が

今月末に迫っている。

その点を聞いてみると、

和解書はたぶん間に合わないので、

来月からの支払にして欲しいという。

依存はないが、今月末から支払を始めるために、

かなり苦労して、金額を調整したことが無駄になる。

支払終了も延びてしまうので、1回目の支払を

2か月分にしてもらうことに。

これなら、当初の計画と同じことだ。

今日は、文体を変えてみましたが、

なんだか、怒っているように見えてしまうのは気のせい??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1139