相続放棄をすべきか

かなりの借金がある方が亡くなり、

相続放棄をした方がよいかどうかの相談がありました。

プラスの財産とマイナスの財産を差し引きして

マイナスが多いようなら相続放棄の方向でしょうか。

ただし、不動産を持っている場合は、

なんとか保持したいのが通常でしょうし、

債務を相続した上で、債務整理を考えることになるでしょう。

相続放棄で注意しなければならない点は、

一人が相続放棄すると他の人が相続人になることです。

例えば、夫が亡くなり妻と子供が相続放棄をしたら、

通常は夫の兄弟姉妹が相続人になってしまいます。

そこで、兄弟姉妹まで含めた全員で相続放棄をしないと

思わぬ迷惑を掛けることになってしまいます。

また、相続放棄することによって、保証人がいる場合は

保証人に請求がいくことになります。

この保証債務の処理も考える必要がでてきます。

ところで、相続放棄した場合は生命保険は受け取れなくなるかとの

質問もありました。

受取人が、個人を指定したものであれば相続財産ではありませんので

問題なく受け取れますが、

受取人が被相続人に指定されている場合は、相続財産になるので

相続放棄をすると受け取ることができません。

受取人が誰になっているのか確認しておく必要があるでしょう。

以上のような内容をお話したところ、

関係者との調整をしたうえで、

相続放棄の方向で話は進みそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1135