遺言のポイント1

今度、遺言のポイントの説明をすることになりそうなので

まとめてみました。

1.公正証書遺言

自筆証書遺言と違い、無くなったり、改ざんされたりする

心配がありません。

また、家庭裁判所での検認の手続きも必要が無いため

預金の引き出しや、相続登記などが素早くできます。

2.正確な内容

遺言はその方が無くなってから効力が発生するものですので、

不正確な内容でも、本人に確認することは出来ません。

色々な解釈が出来るような遺言では、相続人間の

争いの原因にもなりかねません。

誰に何を残すのか正確に書かなければなりません。

3.記載漏れ

遺言には全ての財産の相続人を書くべきですが、

記載漏れがあったり、遺言作成後に生じた財産が

あったりした場合に備えて、

「その他一切の財産は〇〇に相続させる」

「この遺言書に記載無き財産は〇〇に相続させる」

などの一言をいれておくことが重要です。

4.遺留分

遺留分については以前書きましたが、兄弟以外の相続人には

法定相続分の2分の1の遺留分があります。

この遺留分を無視した遺言は争いの元になる

可能性があります。

もし、遺留分を無視するならば、その理由などを

書いておく必要もあるでしょう。

その2に続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1124