遺産分割協議書と認印

今日の相談の中に遺産分割協議書に関するものがありました。

十数年前、父がなくなりその時、遺産分割協議書を作成した。

全てを兄弟の1人が相続するとの内容だったが、

納得できないので、認印しか押さなかった。

今回、登記をしたいので実印を押してくれといわれたが、

どうしたらよいか?

まぁ、押したくなければ押さなければいいだけなんですけど・・・

これでは答えになりませんので、少々解説が必要ですね。

まず、遺産分割協議書自体に署名押印があれば、

それが実印であろうが認印であろうが遺産分割自体は有効です。

しかし、登記実務では遺産分割協議書に実印が押してあり、

印鑑証明書を添付しない限り、移転登記はできません。

そこで、実印を押してくれといわれたわけですが・・・

遺産分割協議書は有効ですので、登記ができないだけともいえます。

従って、相手方としてはこの遺産分割協議書を証拠に

遺産分割の裁判を起すことは可能です。

そして、ほぼ判決を取ることができるでしょう。

しかし、かなりの費用と時間がかかります。

そこで、押したくなければ押さないということで

抗議の姿勢を示すことぐらいしかできません。

あんまり役に立たずに申し訳ありません・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1086