贈与しようかどうしようか・・・

今日は贈与の相談がありました。

ご主人から奥さんにお家を贈与したいとのこと。

贈与で問題になるのは贈与税ですね。

夫婦間では、結婚して20年以上で、

住宅用の土地・建物や住宅資金を贈与する場合、

2000万円の特別控除があります。

これに年間の基礎控除額110万円を加えた、

2110万円までなら贈与税はかからないことになります。

しかし、贈与税は、相続税と同じく固定資産の評価額ではなく、

路線価や倍率表を元に計算しますので、

すぐに贈与税がかかるかどうか判断することはできません。

税務署や税理士さんと相談してから

贈与するかどうかを決めた方がいいでしょう。

今回は、市街化調整区域のため、

倍率表の適用があり、倍率表を調べてた結果、

どう考えても贈与税はかかりそうもありません。

後は、不動産取得税がかかることも説明し、

贈与するかどうかを判断してもらうことにしました。

実際、税理士さんからの紹介の贈与の登記は

このあたりを気を使わずにすみますので、楽です・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1048