債務整理の事例

ホームページ用に債務整理の事例をまとめました。

債務整理の事例

平成21年になってから、扱った事例の一部を紹介します。

Sさんの事例(過払い金で債務を弁済した事例)

-A社 残金846,630円 取引13年2ヶ月

–再計算による残金 251,206円

-B社 残金1,006,543円 取引13年1ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金  388,607円

-C社 残金 0円(弁財済み)取引 9年3ヶ月

–過払い金 1,019,262円

-D社 残金1,392,261 取引12年9ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金 1,352,542円

—当初320万円程あった借金が0円になった上、

250万円返還されることに

Hさんの事例(過払い金だけになった事例)

-A社 残金683,692円 取引10年8ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金 260,112円

-B社 残金689,199円 取引10年6ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金 659,474円

-C社 残金447,287円 取引10年2ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金 609,083円

-D社 残金158,245円 取引6年11ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金 231,338円

-E社 残金399,374円 取引5年11ヶ月

–再計算による残金 0円

–過払い金 87,328円

-F社 残金0円(借り換えによる弁済済み) 取引7年6ヶ月

–過払い金 348,251円

—237万円ほどあった借金が0円になり、

220万円程返金されることに

Mさんの事例(月々の弁済額を減らした事例)

-A社 残額147,272円 取引4年10ヶ月

–再計算による残金 147,272円

-B社 残額499,374円 取引5年1ヶ月

–再計算による残金 241,528円

-C社 残額199,847円 取引1年1ヶ月

–再計算による残額199,847円

(1~2年前からの借入は利息制限法内のものが多いので

減額が無い場合がある)

-D社 残額236,282円 取引1年6ヶ月

–再計算による残金 37,404円

—月々7万円の返済だったものが、再計算+将来利息カットで

月々3万円の返済に減額

Tさんの事例(銀行系の借入で全て利息制限法以内の場合)

-5社合計460万円の借金 月々13万円の返済

-A社 残額0円(弁済済み) 取引 8年2ヶ月

–過払い金 432,137円

—過払い金を一部弁済に当て、

将来利息カット+60回払いにすることにより

月々の弁済額を7万円に減額。

本来なら自己破産の案件かもしれないが、

本人の弁済の意思が強く、

家計を見直した結果、弁済可能と判断した。

**Kさんの事例(破産を選択した事例)

-4社合計320万円の借金 月々10万円の返済

–55歳男性だが、会社をリストラされた上、

自律神経失調により就業もままならない。

生活保護の申請の上、自己破産を選択。

費用については法テラスを利用。

生活保護は自己破産を前提であれば、

借金があっても受けられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1033