合同会社の特徴2

昨日合同会社のことを書いたところ、

アクセスがかなり多かったようです。

合同会社に興味がある方が多いのでしょうか。

ということで合同会社の特徴の続きを書くことにしましょう。

合同会社といえば、設立費用が安いということでも知られています。

設立の登録免許税にしても株式会社の15万円に対し、

合同会社は6万円ですみます。

また、株式会社では必要な定款の公証人の認証がありませんので、

公証人の費用、5万円がかかりません。

これは株式会社と一緒ですが、電子定款にすれば、

定款に貼る4万円の収入印紙がいりません。

これらを合計すると、通常の紙の定款を作成した株式会社は

法定の設立費用だけでも24万円、

これに対し、合同会社の法定費用は6万円(電子定款の場合)のみです。

ご自分で設立登記をする場合は、これだけです。

実際には登記事項証明書や印鑑証明書代もかかりますが、

株式会社と比べるとかなり格安です。

ネックとなると考えられるのは、電子定款の作成でしょうか?

諦めて、4万円の印紙を貼ればいいのですが、

ご自分で電子定款を作成しようとすると、

住基ネットカードに電子証明書を交付してもらい、

法務省のややこしい設定をして、オンライン申請しなければなりません。

個人で申請する場合、電子定款はオンライン申請でしか

受け付けてもらえないとのことです。

また、電子定款はアドビなどのPDFファイルを作成するソフトが

必要となります。

無料のアドビリーダーではありません。

これが、結構な値段がしますので、

うっかりすると節約する印紙代4万円上回ってしまいます。

つまり、アドビなどのソフトを既に持っており、

パソコンの知識がある程度ある方しか

難しいのかもしれません。

まぁ、電子認証だけを請けている行政書士や司法書士もいるので

それを利用するのも手かもしれませんが・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1022