2012年10月

レクロゲ下見

月末のバタバタと風邪気味の体調でお疲れモードです。

ところで、11月11日に第2回飯能レクロゲ、

その名も吾野レクロゲが開催されます。

前回、市民の部第3位になりましたので、

今度こそ、優勝を狙いたいと思い、

色々対策を採って来ました。

まずは、ダイエット。

目標は4kgの減量ですが、現在マイナス3kg。

後、10日で1kgはちょっときついかも。

ジョキングを毎週2日程度はするという目標も、

全然こなしていません。

週末にハイキングorサイクリングがいいところでした。

このままでは、まずい。

ということで、体力が無ければ知力でと、

先日、吾野方面の予想されるポイントの下見に行ってきました。

制限時間は3時間ということなので、

子の権現方面か、高山不動方面、顔振峠方面の3つが考えられます。

とりあえず、子の権現方面がどの位時間がかかるかを計ってみました。

こちらがそのルート。

チョッと欲張ったコース取りをして見ましたが、

3時間半・・・・

やはり体力が問題・・・^^;

競売開始の連絡

任意売却をお願いしている物件がなかなか売れず、

債権者から競売開始の手続を取るとの連絡。

債権者としても任意売却した方が

回収できる金額が大きくなることも多いので、

任意売却待ちとなることもありますが、

やはり、債権者の査定額と売却時期との兼ね合わせで、

いつもうまく行くとは限りません。

今回の事件も1年以上待って貰っているので、

これ以上は待ってくださいとも言えません。

自己破産の前提の不動産売却なので、

他の債権者のためにも早期の解決が望まれます。

債務者にとっても、いつまでも待たされるより、

不動産を失うことには変わりはなく、

競売手続きを進めた方がいいのかもしれません。

通常、競売開始決定がでたとしても、

任意売却手続を平行しても問題はありませんので、

まだ買主を探しています。

誰か買ってくれないかなぁ・・・・^^;

居住用財産の処分の許可申請

成年被後見人が住んでいた住居を売却するには、

家庭裁判所の許可が必要です。

居住用の不動産を売るということは本人の生活に

重大な影響を与えることになるからです。

この許可申請には売買契約書案をつける必要があるのですが、

今日、売買契約書が届き、チェックしていると、

建物を解体して更地にしたうえで、売り渡すとありました。

売ってから解体するようなことは聞いていましたが話が違います。

実は、住居用の建物を解体するのにも許可が必要なのです。

本人の生活に重要な影響を与えることになるのは、

売却する場合と何ら異ならないからです。

ということで、取壊しと売却の許可を申請することになりました。

調査士さんに「建物滅失登記のとき許可書が必要でしょ?」

と聞いてみると、いらない様なことを言っています。

滅失登記は報告的な性質のため必要ないということでしょうか。

ところで、許可を得ないでした売買は無効とされています。

登記も元に戻さないとなりません。

では、取壊しの場合は?

無効なので取り壊した建物を元に戻す・・・??

これは無理ですね。よく分かりません・・・^^;

Dropbox

Dropboxというアプリは大変便利で、

クラウドを使って数人でファイルを共有化できます。

もちろん、PCとスマホやNexusの間で共有化し、

PCで作成したファイルを見たり編集したりと、

外出先での非常に役に立っています。

ところが、仲間と共有化したフォルダに、

大量の写真をアップロードした人がいました。

Dropboxは基本無料で使えますが、

容量の制限があります。

写真をカメラで撮ったままで、容量を小さくせずに

アップロードするとあっというまに一杯になってしまいます。

お金を払ってアップグレードすれば問題はないのですが、

個人で利用している方はそれほどの価値がないかもしれません。

そこで、写真をアップロードする時は容量のことを考えて、

サイズを縮小しておく必要があるでしょう。

このあたりを共有利用する場合に予め約束事として、

決めておかなければならないと思います。

写真をアップした人は良かれと思って送ってくれたのでしょうが、

各人の利用状況が異なることまで思い至らなかったのでしょう。

なかなか難しいところですね。

養子の相続

今日の相続の相談は、

イトコの土地に自分の建物が建っているが、

イトコが亡くなったらどうなるかというものでした。

この従兄弟は独身でお子さんもいないそうです。

父母は亡くなっているし兄弟もいない・・・

そうなると相続人がいないことになりそうです。

この場合は遺言をしてもらうしかありません。

ところがよく話を聞いてみると、

イトコというのは実は養子に行った自分の姉だ

ということが分かりました。

こうなると話は異なります。

養子縁組をしても実家との関係がなくなるわけではなく、

兄弟として相続できるので問題はあまりありません。

まぁ、心配すればキリがありませんが、

生前に処分される可能性もあります。

それを防ぐ方法も説明しましたが、

そこまでする必要があるかどうか。

取りあえず、相続できることが分かって満足されたようです。