相続の単独申請

法定相続の場合、相続登記は相続人の一人が、

保存行為として単独申請することが出来ます。

例えば、相続人が妻、子の2人の場合でも、

どちらか一人の委任があれば、それぞれの持分2分の1として

相続の登記をすることは可能です。

今回、ご主人が亡くなり息子さんが遠方にいるので

妻からの委任状だけで相続登記をしてもらえないかとの

問い合わせがありました。

前述のように登記自体はできますし、

権利書が発行された時代はこのような処理をすることも

無かったわけではありませんが、

現在ではこのような処理は殆どされていません。

現在の権利書に代わる登記識別情報は、

物件ごと、所有者ごとに発行され、

申請人以外には発行されないことになっています。

つまり、今回の場合は、息子さんの分の登記識別情報が

発行されないことになってしまいます。

権利書に代わる物が発行されないということは

通常、理解が得られないと思われますし、

将来、登記が必要な時に面倒な手続をすることになります。

ということで、なんとか息子さんの分の委任状もいただいて、

通常の登記申請をした方がよいと納得してもらいました。

しかし、あの奥さん、どこから単独申請ができるという知識を

仕入れたんだろう??